知識確認テストについて

知識確認テスト

俺のBOをお取引頂くには”知識確認テスト”に合格して頂く必要があります。
こちらのページでは知識確認テストの問題について詳細に解説しております。
こちらをよくご確認頂き、知識確認テストの合格にご活用下さい。

仕組みについてトップへ戻る

  • A,オプションの買い手は買い取る(または売り渡す)権利を保有しているのであって、必ずしも原資産をあらかじめ定められた価格で買い取る(または売り渡す)必要はありません。
  • A,ドル円の場合において、ドル高円安(原資産価格の上昇)に対するオプションをコールオプションと呼び、ドル安円高(原資産価格の下落)に対するオプションをプットオプションと呼びます。
  • A,ある時点の原資産価格を予測し、プレミアム(チケット代)を支払うことによりその予測が当たり原資産価格が条件を満たした場合、ある一定の金銭(ペイアウト)を受ける金融商品をバイナリーオプション取引といいます。
  • A,オプションの購入金額や権利工事のペイアウトが円で行われるオプションで、決済通貨が円以外の通貨となる場合、その通貨ペアで対円へ算出した金額を確定する仕組みとなっています。
  • A,バイナリーオプションはあらかじめ決められている一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利であり、対象となる権利そのものを売買する取引ではありません。
  • A,バイナリーオプションには、その他にも、レンジバイナリーオプションやワンタッチバイナリーオプション、ノータッチバイナリーオプション等の複数の種類があります。
  • A,バイナリーオプションには、その他にも、レンジバイナリーオプションやワンタッチバイナリーオプション、ノータッチバイナリーオプション等の複数の種類があります。
  • A,通貨バイナリーオプションは、通貨ペアを対象とし、その通貨ペアのレートが権利行使時点に、権利行使価格(目標レート)を上回るか、下回るかにより、権利行使によるペイアウトの有無を判定、決済するオプション取引の一種です。例えば、ドル円のコールオプションは、ドルを基準とし、権利行使価格(目標レート)に対してドル高=円安となればペイアウトとなります。反対に、判定価格がドル安=円高となればペイアウトは発生しません。
  • A,通貨バイナリーオプションで、原資産が上がることによりペイアウトを受け取る権利を「コールオプション」といいます。
  • A,通貨バイナリーオプションで、原資産が下がることによりペイアウトを受け取る権利を「プットオプション」といいます。
  • A,権利行使時刻にインザマネーの場合に限り、自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われます。
    ドル円のコール(上昇)バイナリーオプションを500円で売り付けしており、判定価格が1ドル99円となった場合、コールオプションはアウトザマネーのため、ペイアウトを支払う必要はありません。なお売り手は、売付した500円のオプション価格(プレミアム)を受け取ることが出来ます。
    (※俺のBOではオプションの新規売りからお取引を行う事は出来ません。)
  • A,
    権利行使時刻にインザマネーの場合に限り、自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われます。
    ドル円のプット(下落)バイナリーオプションを500円で売り付けしており、判定価格が1ドル99円となった場合、プットオプションはインザマネーのため、ペイアウトを支払う必要があります。なお、売り手は、売付した500円のオプション価格(プレミアム)は受け取っていますので差し引き500円の損失となります。
    (※俺のBOではオプションの新規売りからお取引を行う事は出来ません。)
  • A,権利行使時刻にインザマネーの場合に限り、自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われます。
    ドル円のコール(上昇)バイナリーオプションを500円で買い付けしておりますが、判定価格が1ドル99円(下落)となったため、コールオプションはアウトザマネーとなり、買い手はペイアウトを受け取ることは出来ません
  • A,権利行使時刻にインザマネーの場合に限り、自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われます。
    ドル円のプット(下落)バイナリーオプションを500円で買い付けしており、判定価格が1ドル99円(下落)となったため、プットオプションはインザマネーとなり、買い手はペイアウトを受け取ることが出来ます
  • A,権利行使時刻にインザマネーの場合に、権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われます。このペイアウトは売り手から支払われております。結果、買い手はオプション購入時に500円を支払い、権利行使時に1,000円を受け取っているので差し引き500円の利益という事になります。
  • A,権利行使時刻にインザマネーの場合に、権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われます。このペイアウトは売り手から支払われており、結果、売り手(俺のBOの場合では弊社)はオプション売却時に500円を受け取り、権利行使時に1,000円を支払っているので差し引き500円の損失という事になります。

方法についてトップへ戻る

  • A,保有している原資産が下落し資産額が減少することをプットオプションを保有することにより利益を得、カバーすることが出来ます。
  • A,将来取得する予定の原資産が値上がりした場合に利益を得れるコールオプションを購入する事が正しい投資行動と言えます。
  • A,
    大きな騰落(ボラティリティ)を見込んでいるため、損失無限大のオプションの売り取引はリスクが高い取引と言えます。反対に、ボラティリティが大きくなることが予測されるならば、コールオプションとプットオプションの両方を購入する取引は有益であると言えます。このような大きなボラティリティを見込んでコールオプションとプットオプションを同数量買うポジショニングの事をストラングルの買いといい、オプションではメジャーな手法です。
    ※バイナリーオプションにおいてはプレミアムに価格差(スプレッド)があり、ペイアウト額も一定額となりますのでストラドルの買い投資を行う事は出来ません。
  • A,
    騰落(ボラティリティ)の見込みが小さく、相場が一定のボックス圏内で推移する可能性が高いのであればそのボックスの両サイドのコールオプションとプットオプションの両方を売却する戦略が考えられ、オプション売却により受け取るプレミアム分が収益となります。このような取引をストラングルの売りといい、オプション取引ではメジャーな手法です。
  • A,
    カバードオプションとは、「原資産の買いまたは売り」と「オプションの売り」を同時に取るオプション取引を用いた投資戦略をいいます。これは、原資産(株式、債券、株価指数先物、債券先物等)のポジション(ロングまたはショート)を保有すると共に、オプションの売りを組み合わせることで、ヘッジをかけながら収益を狙う場合等に利用されます。その具体的な種類として、「カバードコール」と「カバードプット」があります。
  • A,
    判定時刻に、原資産価格(現状レート)が権利行使価格(目標レート)よりも上昇していると予測し、バイナリーコール(上昇)オプションを買い付けた場合、権利行使価格に対して判定価格が上昇していればペイアウトとなり、下降して場合ペイアウトは発生しません。
  • A,
    判定時刻に、原資産価格(現状レート)が権利行使価格(目標レート)よりも上昇していると予測し、バイナリープット(下落)オプションを売り付けた場合、権利行使価格に対して判定価格が上昇していれば当該プットオプションにはペイアウトが発生せず、売り手は受け取ったプレミアムが利益となります。
  • A,
    判定時刻に、原資産価格(現状レート)が権利行使価格(目標レート)よりも下落していると予測し、バイナリープット(下落)オプションを買い付けた場合、権利行使価格に対して判定価格が下落していればペイアウトとなり、上昇していればペイアウトは発生しません。
  • A,
    判定時刻に、原資産価格(現状レート)が権利行使価格(目標レート)よりも下落していると予測し、バイナリーコール(上昇)オプションを売り付けた場合、権利行使価格に対して判定価格が下落していれば当該コールオプションにはペイアウトが発生せず、売り手は受け取ったプレミアムが利益となります。
  • A,
    コール(上昇)オプションの買いでは、プレミアムを支払いオプションを購入するので権利行使価格(目標レート)に原資産1単位当たりのオプション料(プレミアム)を加算した価格が損益分岐点となります。
  • A,
    オプションの買いは、プレミアムを支払いオプションを購入することになるので、権利行使価格(目標レート)に原資産1単位当たりのオプション料(プレミアム)を加算した価格が損益分岐点となります。
  • A,
    バイナリーオプションのペイアウトはある一定額(俺のBOでは1Lotあたり1,000円となります)で固定されているので、バイナリーオプションを利用したヘッジ取引は、ヘッジ対象資産の損失の一部を補うものとして行う必要があります。
  • A,
    レンジ相場が予想される場合、権利行使価格(目標レート)の高いバイナリープット(下降)オプションと、権利行使価格(目標レート)の低いバイナリーコール(上昇)オプションを両方買い付けすれば、判定価格が2つのラダーの権利行使価格(目標レート)の間となった場合に収益を得ることができます。

概要に関してトップへ戻る

  • A,
    2013年8月より、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引において、取引期間が2時間以上の期間にすることと、取引期間中は転売等が行え、自由に取引できるよう規制が施行されました。
  • A,
    一般社団法人金融先物取引業協会に所属する金融商品取引業者及び登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引では、原則、取引期間中は自由に取引することができ、顧客の任意のタイミングで反対売買(または解約)が可能です。
  • A,
    オプション取引における売り付け(≠プット)は、予測に反して相場が変動した場合、損失に制限がないため、ロスカット規制の対象となります。バイナリーオプションにおいても同様です。
  • A,
    オプション取引における売り付け(≠プット)は、予測に反して相場が変動した場合、損失に制限がないため、ロスカット規制の対象となります。FXと同様、取引成立後に証拠金が不足した場合には追加証拠金を業者に預託する必要があります。バイナリーオプションにおいても同様です。
  • A,
    FOREX EXCHANGE株式会社では顧客との取引に限度額を定めており、顧客の一定期間の取引額や損失額、顧客が保有する建玉がある基準を超えた場合には、それ以上の取引が行えないよう設定されております。
  • A,
    オプションの取引にはヨーロピアンタイプとアメリカンタイプがあります。行使期間の最終日、満期日のみ行使可能なオプションをヨーロピアンタイプといい、行使期間中、いつでも行使可能なオプションをアメリカンタイプといいます。
  • A,
    コール(上昇)オプションにおいて、原資産の価格(現在レート)が権利行使価格(目標レート)を上回っている状態をインザマネー)といいます。FXでいうところの含み益が出ているような状態に似ていますがオプションにおいては本質的価値が高まわっているといえプレミアムが加算されます。
  • A,
    コール(上昇)オプションにおいて、原資産の価格(現在レート)が権利行使価格(目標レート)を下回っている状態をアウトオブザマネーといいます。権利行使価格から現在価格が乖離すればするほどオプション実現の可能性が低くなると判断されますのでプレミアムは減少し、安いチケットとなります。
  • A,
    オプション取引においては、原資産価格(現在レート)と権利行使価格(目標レート)が等しい状態を、「アットザマネー(AtTheMoney)」といいます。アットザマネーにおいてはオプションの本質的価値は等しい(無い)のでプレミアムは時間的価値ほ持つのみになると言えます。
  • A,
    プット(下落)オプションにおいて、原資産の価格(現在レート)が権利行使価格(目標レート)を上回っている状態をアウトオブザマネーといいます。権利行使価格から現在価格が乖離すればするほどオプション実現の可能性が低くなると判断され、プレミアムは減少し、安いチケットとなります。
  • A,
    プット(下落)オプションにおいて、原資産の価格(現在レート)が権利行使価格(目標レート)を下回っている状態をインザマネー)といいます。FXでいうところの含み益が出ているような状態に似ていますがオプションにおいては本質的価値が高まっていると言え、プレミアムが加算されます。
  • A,
    オプションにおける権利行使価格(目標レート)とは、権利行使により原資産を購入または売却する価格です。バイナリーオプションの場合には、ペイアウトの発生の有無を判断する基準価格となります目標価格などと呼ばれたりします。
  • A,
    判定価格とは、権利行使時点の原資産価格(現在レート)であり、権利行使価格(目標レート)と比較し、ペイアウトの有無を判断するための価格のことをいいます。判定の際に、原資産価格(現在レート)が権利行使価格(目標レート)に対し、条件を満たしていれば、ペイアウト発生となります。
  • A,
    バイナリーオプションにおいてペイアウトとは、あらかじめ定められた権利行使条件を満たし、権利行使が行われた結果、オプションの売り手(FOREX EXCHANGE株式会社)が買い手(お客様)にあらかじめ定めた金銭を支払うことをいいます。支払われる額をペイアウト額といいます。
  • A,
    取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動き、アットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格(目標レート)がなくなった場合には、途中で権利行使価格(目標レート)を追加することがあります。ただし、権利行使価格(目標レート)が追加された場合であっても、それまで利用した権利行使価格(目標レート)については、引き続き取引を行い、またその取引価格が、権利行使価格(目標レート)の追加の影響を受けることはありません。
  • A,
    バイナリーオプション取引では、判定価格が重要となります。個人向け店頭通貨関連バイナリーオプション取引を取り扱う場合には、自社が決定する判定価格について、ミスや作為的な操作が行われていないか自ら点検する他、第三者の提供するレートデータを用いる場合でも、データに誤りがないかを点検しています。
  • A,
    金融商品取引業者および登録金融機関が取り扱う、個人向け店頭通貨バイナリーオプション取引において、金融商品取引業者は、顧客との間で行われた全取引の損益結果をまとめ、自社のホームページにおいて情報を公開する必要があります。弊社でも公開されておりますので弊社ホームページ上でご確認下さい。
  • A,
    個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は通常雑所得として課税対象となります。FX取引で発生した利益はもまた、通常雑所得として課税対象となります。
  • A,
    個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の損益は、FXや有価証券関連店頭オプションの損益と通算することができます。
  • A,
    特別の取り決めがなされる場合を除き、店頭バイナリーオプション取引契約成立(約定)後においてクーリングオフを行うことはできません。

リスクに関してトップへ戻る

  • A,
    「オプションの買い」は損失が最初に支払ったプレミアム金額に限定されます。また、「先物の買い」と違い、買い手には証拠金が発生しません。例えば、「10,000円で買える権利」を300円で買ったとします。対象物の価格が8,000円になっても買い手は権利を放棄することで取引を終了する事が可能です。この場合、買い手の損失は最初に支払った300円に限定されます。
  • A,
    オプションの買い手は、権利を売却(転売)等行い放棄することができます。売却した場合、すでに権利がありませんのでオプションの売り手との間の原資産の売買は成立しません。売り手は買い手が権利を行使した時に原資産の売買義務が発生するので、権利行使がなければ原資産の売買義務は発生しません。
  • A,
    オプションの売り手は、買い手がオプションを購入した時点でオプション料(プレミアム)を受け取ります。買い手が権利行使を放棄した場合、予め受け取っているプレミアムは買い手には戻りませんが買い手がオプション保有中に当該ポジションがインザマネーになった際に売り手は受け取ったプレミアム以上のプレミアムを支払い、転売に応じる必要があります。
  • A,
    オプションの売り手は、買い手が権利を行使した場合には、必ずその決済に応じなければなりません。
  • A,
    オプションの買い手はオプション料(プレミアム)に比べ数倍の利益が得られる可能性がありますが、損失はオプション料(プレミアム)に限られます。逆に売り手は利益がオプション料(プレミアム)に限定されますが、損失は原資産価値の減少によりますのでオプション料(プレミアム)の数倍となる可能性があります。
    (※俺のBOではオプションの新規売りからお取引を行う事は出来ません。)
  • A,
    プレーンオプションの買い手は、自分に不利な時には権利放棄すればよいので、最大損失額はオプション購入金額(プレミアム)に限定されます。一方、利益期待値は原資産の資産価値の変動とオプション購入金額(プレミアム)を引いた額となり、原資産価格(現在レート)の変動を無限大とするならば、利益も無限大となります。
  • A,
    プレーンオプションの売り手は、利益額はオプション売却金額(プレミアム)に限定される一方、権利行使価格(権利行使時受渡価格)と原資産価格(現在レート)の差が損失となるので、原資産価格(現在レート)の変動幅いかんで損失額は増大することから、その損失額は無限大ともいえます。
  • A,
    権利行使期限が到来し、権利行使を行わなかったオプションは消滅します。購入時支払ったオプション料は買い手に戻りません。俺のBOではヨーロピアンタイプとなっており、権利行使期限が到来しオプションの条件が満たされていれば自動的に権利行使を行います。なお、条件が満たされていなかった場合は、自動的に権利放棄となります。
  • A,
    権利行使期限が到来し、権利行使が行われないオプションは消滅します。オプション購入時に売り手が受け取ったオプション売却金額(プレミアム)はそのまま売り手の利益となります。
  • A,
    バイナリーオプションの買い手の最大損失額はオプション購入金額(プレミアム)であり、売り手の最大損失額はペイアウト額からオプション料売却金額を差し引いた額となります。
  • A,
    オプション価格は現在レートと権利行使価格の差(本質的価値)と残存時間(時間的価値)により算出されます。オプション価格が安いという事はそれだけ権利行使の実現性が低い商品と言えますので一概にオプション価格(購入金額)が安いものが有利とはいえません。
  • A,
    バイナリーオプションは、売り手の損失は限定されているわけではなく、プレーンオプションに比べても、ローリスクハイリターンな取引とはいえません。
  • A,
    バイナリーオプションの投資姿勢として、バイナリーオプションは損失が限定的ではありますが、投資者自身の資産等を踏まえ、過度の投機的な取引とならぬよう、節度ある取引を心がける必要があります。
  • A,
    バイナリーオプションの買い手の最大損失額は、オプション購入金額(プレミアム)に限定されます。
  • A,
    同一の資金で投資した場合、投資者に不利な方向に動いた場合には、バイナリーオプションが投資額を全額失うのに比べ、FXは投資額の一部が残る場合があるため、一概にバイナリーオプションが有利とはいえません。
  • A,
    店頭バイナリーオプションの金融商品の内容は、業者によってサービス内容や取引ルールが異なります。
  • A,
    同一条件の店頭バイナリーオプションの価格は、取扱業者にって異なり、相対取引では、業者毎に提示する価格が異なります。
  • A,
    バイナリーオプションの購入金額(プレミアム)は、判定時刻までの残り時間(時間的価値)、および権利行使価格と原資産価格との乖離(本質的価値)により計算されます。
  • A,
    バイナリーオプションにおいて、買値と売値(または売却価格)の2つの価格をお客さまに提示する場合、一般的には2つの価格には差(スプレッド)がありますが、オプションの期限(取引時間終了)が近づくと、スプレッドは広がる傾向にあります。
  • A,
    個人投資者の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は通常雑所得として課税対象となります。FX取引で発生した利益はもまた、通常雑所得として課税対象となります。

計算に関してトップへ戻る

  • A,
    オプション価格は、権利行使価格と原資産価格(現在レート)の差である本質的価値と、満期日までの権利行使期間の時間的価値の和で決まります。
    この本質的価値の計算において、原資産の価格がどれだけ変動(ボラティリティ)する可能性があるかを図るためボラティリティを、残存期間(時間的価値)にどれだけの価値があるのかを図るため短期金利を用いて計算されます。
  • A,
    コール(上昇)オプションの価格(プレミアム)は原資産の金利が低くなると下がります。しかし、相対するプット(下落)オプションの価格(プレミアム)については、原資産の金利が低くなるとペアの反対側の相対的に上がりますのでプレミアムは上がります。
  • A,
    オプションの一般的な特徴として、権利行使価格(目標レート)、権利行使期間が同一のヨーロピアンタイプとアメリカンタイプのオプションでは、オプション取引の開始日から取引最終日までの期間中、いつでも権利行使できるアメリカンタイプのオプションの方が、オプション価格(購入金額)は高くなります。
  • A,
    コール(上昇)オプションにおいては、原資産価格(現状レート)が下落すると、アウトオブザマネーとなり価値のない権利となりますのでオプションの価格は低くなります。
    逆に、コール(上昇)オプションにおいて、原資産価格(現状レート)が上昇すると、インオブザマネーとなり権利の価値が高まりますのでオプションの価格は高くなります。
  • A,
    プット(下落)オプションにおいては、原資産価格(現状レート)が下落すると、インオブザマネーとなり権利の価値が高まりますのでオプションの価格は高くなります。
    逆に、プット(下落)オプションにおいて、原資産価格(現状レート)が上昇すると、アウトオブザマネーとなり価値のない権利となりますのでオプションの価格は低くなります。
  • A,
    アウトオブザマネーのオプションでは、原資産価格(現在レート)が権利行使価格から離れる程、オプション購入金額(プレミアム)は低くなります。買い手が権利行使をした場合に「損失が発生する状態」といえ、権利の価値が低い状態になります。
  • A,
    インザマネー(予想的中)のオプションでは、原資産価格(現状レート)が権利行使価格(目標レート)から離れる程(ディープインザマネー)、ペイアウトの可能性が高くなるためオプション購入金額(プレミアム)は高くなります。
  • A,
    オプションの価値は、ボラティリティが上昇すれば、残存時間に対する権利行使価格への到達可能性が高まるため、コール(上昇)オプションもプット(下降)オプションいずれも共に上昇します。
  • A,
    オプションの価値は、ボラティリティが上昇すれば、残存時間に対する権利行使価格への到達可能性が高まるため、コール(上昇)オプションもプット(下降)オプションいずれも共に上昇します。
  • A,
    権利行使期限までの残り時間が短くなるほど、アウトオブザマネーのオプションは、権利行使価格への到達可能性が下がるのでそれに伴いプレミアム価格は低くなる。
  • A,
    オプション価格は、権利行使価格と原資産価格(現在レート)の差である本質的価値と、満期日までの権利行使期間の時間的価値の和で決まります。 この本質的価値の計算において、原資産の価格がどれだけ変動(ボラティリティ)する可能性があるかを図るためボラティリティを、残存期間(時間的価値)にどれだけの価値があるのかを図るため短期金利を用いて計算されます。
  • A,
    本源的価値は、コールオプションまたはプットオプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分となります。
    時間的価値は、「オプション購入金額(プレミアム)」と「本質的価値」との差額分となり、満期までの残存時間内に原資産価格が変動することを期待した価値です。
  • A,
    オプション価格(購入金額)の構成要素とされる時間的価値は、判定までの残存期間を対象とした将来の期待値であり、本源的価値がゼロであっても時間的価値はプレミアムに対しプラスに作用します。
  • A,
    時間的価値は残存時間に対し支払っている価値であって、残存時間が短くなるとそれの伴って時間的価値も減少していきます。
  • A,
    インザマネーのバイナリーオプション価格は、ペイアウト額を上回ることはありません。ペイアウト額を上回るオプションにはもはや価値はなく、存在する必要がありません。
  • A,
    インザマネーのバイナリーオプション価格は、ペイアウト額を上回ることはありません。ペイアウト額を上回るオプションにはもはや価値はなく、存在する必要がありません。
  • A,
    インザマネーでは、残存期間が長ければ予想が外れることもあるため、価格が低くなります。逆に残存期間が短ければインザマネーのまま引ける確率が高くなるため、価格が高くなります。
  • A,
    バイナリーオプションの価格形成においてコールオプション価格+プットオプション価格の和はペイアウト額に近しい数値となります。
  • A,
    アウトオブザマネーのバイナリーオプションは、権利行使価格と原資産価格が離れているため、ペイアウトを受け取る可能性が低くインザマネーのバイナリーオプションよりも購入価格は安くなります。
  • A,
    インザマネーのバイナリーオプションは、原資産価格が権利行使価格のインサイドにあり、ペイアウトを受け取る可能性が高いためアウトオブザマネーのバイナリーオプションよりも購入価格は高くなります。
  • A,
    権利行使期限が近づくにつれて、インザマネーのオプションの価格は、上昇し最終的にはペイアウト金額に近づきます。
  • A,
    権利行使期限が近づくにつれて、アウトオブザマネーのオプションは権利行使実現可能性が下がっていくため、最終的にはゼロ(無価値)に近づきます。
  • A,
    バイナリーオプションの価格は、原資産価格の変化と共に、権利行使期限までの残存時間による影響も受けます。権利行使期限までの残存時間が長くなるほど、時間価値が高くなり、逆に残存時間が短くなると時間的価値は低くなります。
  • A,
    オプションを含め、デリバティブ取引における理論価格の計算に用いられるボラティリティには、ヒストリカルボラティリティとインプライドボラティリティの2種類のボラティリティがあります。このうち、インプライドボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティのことをいいます。
    ヒストリカル・ボラティリティとは、過去のデータから算出した変動率のことをいい、これは、過去一定期間のレート変化率の平均値から求められます。
  • A,
    オプションを含め、デリバティブ取引における理論価格の計算に用いられるボラティリティには、ヒストリカルボラティリティとインプライドボラティリティの2種類のボラティリティがあります。このうち、インプライドボラティリティとは、原資産に対する将来の変動率を予測したボラティリティのことをいいます。
    ヒストリカル・ボラティリティとは、過去のデータから算出した変動率のことをいい、これは、過去一定期間のレート変化率の平均値から求められます。
  • A,
    原資産の変動に対して、オプションの価格(プレミアム)がどの程度変動するかを示す指標をいいます。これは市場の感応度(センシティビティ)を示すものであり、原資産価格が変化する場合に、オプションのプレミアムがどの程度変化するか計測するものになります。
  • A,
    オプションの価格を形成する要素には原資産価格、権利行使価格、権利行使期限までの残存期間の長さ、ボラティリティ、金利等があり、権利行使価格を除き、他の要素は刻々と変化しておりそれに応じ、オプション価格も変化します。
    従って、オプション取引のリスクを管理していくためには、それぞれの要素の変化とオプション購入金額(プレミアム)の変化の関係を理解する必要があります。
  • A,
    オプション価格を計算する理論式としては、ブラック・ショールズ・モデルが最も有名であり、実際に広く利用されています。バイナリーオプションにおいてもブラック・ショールズ・モデルを基に理論価格を算出し、プレミアムを表示する傾向が強いと言えます。
  • A,
    オプション価格を計算する理論式としては、ブラック・ショールズ・モデルが最も有名であり、実際に広く利用されています。バイナリーオプションにおいてもブラック・ショールズ・モデルを基に理論価格を算出し、プレミアムを表示する傾向が強いと言えます。

口座開設はこちら>>

クイック入金対応銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 近畿大阪銀行
【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引【俺のFX】及び店頭デリバティブ通貨オプション取引【俺のBO】は金融商品取引法に規定される店頭デリバティブ取引です。■本取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願い致します。■証拠金必要額は各通貨のレートを基に、個人のお客様は最大お取引額の4%(レバレッジ25倍)、法人のお客様は通貨ペア毎に設定されており毎週1回見直されます。■レバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。■各指標発表では価格変動により損失が生じる場合がございます。指標によっては突発的な大きな価格変動を伴うものがあり、証拠金以上の損失を被る可能性があります。またそれにより元本超過損が生じるおそれがございます。■口座開設・口座維持費、は原則無料です。10億円を超えるお預入には年利0.24%の口座管理料がかかります。【俺のFX】の取引手数料は原則無料ですが、電話による取引の受注に関しては10LOTあたり50米ドルの取引手数料がかかります。【俺のBO】の取引手数料は無料です。■スワップポイントは金利情勢等に応じて変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。■当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。天災地変やテロ等の不測の事態、指標発表等により、スプレッドが拡大する場合があります。■お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が表示している【俺のFX】のスプレッドと必ずしも合致しない場合がございます。お客様が注文時に指定したレートと実際に約定するレートとに相違(スリッページ)が生じる場合があり、また、経済指標の発表などの際に、お客様からの注文が殺到することにより、注文が約定しづらくなる、あるいは約定しない場合があります。■お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。■ロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。■【俺のBO】は満期日が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。■オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。■俺のBOのオプション購入価格は1Lotあたり50円から999円となります。■オプション購入後の注文取消を行う事はできませんが、取引可能期間であれば転売を行い決済することが可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、転売時に損失を被る可能性があります。■相場の変動により当社が提示する購入金額(チケット)よりもお客様に不利な金額で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
need to complete the registration process? click here
パスワードをおわすれですかx